幻水2プレイ記録



 側面記録ブログでつけていた記録です。
最初〜輝く盾の紋章ゲットまでです。

 記録内部では3・4で明かされたことや同時進行でやってた5のこととかも一緒に書いてます。
ぽろっとそのへんがでてくるので要注意…






 2主君の名前は「ユイム」です。初めてつけて愛用してたのは「ハルカ」だったんですけどね。もの書いてるうちにユイムのがしっくりくるようになりまして。
もちろん、1のデータを引き継ぎますよ。



 さて、場所はハイランド王国、ユニコーン少年隊の野営地。
あるテントの中にユイムはおりました。
ジョウイに「明日ついにキャロに帰れるんだよね」と言われます。
どうやら、都市同盟とハイランド王国の休戦協定が成立して、この部隊は一時撤退…となるような、そんなかんじです。
まずは軽くそこいらを回って何か得られるものがないか見てみて、なかったのでさっさと寝ます。

 すると、戦いの音で目が覚めます。外に出てみると、野営地は戦闘状態に。
傷を負った仲間が、「都市同盟の奇襲だ!東へ逃げろ!」と叫んでいます。
とりあえずそれに従って進むと、ジョウイが「いや、おかしい…」と後戻りです。
野営地に戻ってくると、隊長のラウドさんと、白い鎧の人がおります。
どうやら、白い鎧の人が野営地を襲わせたようです。しかも彼らはハイランドの陣営の人らで、この奇襲は都市同盟のもの…ということにするようです。
「逃げよう」を選択しながら話しかけに行くわたし(笑)。
危ないから。とりあえず逃げようよ。
 白い鎧の人…皇子ルカは「自国の皇子の顔も知らんのか」と言います。それはあなたの知名度の問題かと。…ひっ!ブタは勘弁してください!!
ちなみにファレナの王子はイヤっちゅうほど顔割れてますけどね。なんだこの違いは。

 とりあえず北へ逃げてみると、崖がありました。いわゆる袋のネズミというやつです。
ジョウイは「こうなったら逃げるには川に飛び込むしかない」と言い出します。やだよ高いよ怖いよ。…ぐずぐずしてレベル5まで上げてみました。
ちょっと時間の関係上回想カラーバージョンは諦めて、綱なしバンジーです。ええいなるようになれ!!



 ごぼごぼごぼごぼごぼごぼごぼごぼ……



 「おい目を覚ませ、もう1回流しちまうぞ!」
…!と思って飛び起きたら、鬼はいませんでしたがクマがいました(笑)。
おやあなたはおおよそ3時間前(1をクリアしたのが2を始めた同じ日の午前中だったんです)に行方知れずになったビクトールさんではありませんか。え?知らない?ええ、そりゃあそうでしょうね。立場変わってますから。
 ではなく。
「すまん、もう1人は見失った」
フリックだ!!この3年で大人になったね!!

 ビクトールとフリックは都市同盟の傭兵…なので、敵同士です。ユイムは捕虜になりますが…てか雑用だよなー。
箱を動かすあれ、1個がどうにも置き場に困る罠。
 とまぁ、そんなこんなで楽しい砦ライフをエンジョイしていると、ジョウイがやってきました。ちっ、いらねぇよ……(ユイムさん心の声)
ちなみにジョウイはニンジン嫌いらしいです。好き嫌いする子は大きくなれませんよ。(となったらグレミオシチュー食べられないじゃん?)

 うやむやのうちに砦を脱出し、(わたし的にはそのままクマや青いのと仲良くなるのも大アリだと思ってたんですけどー。あのー、ジョウイさーん?)
リューベの町へ。そこで知り合った旅芸人一座と燕北の峠を越すことになりました。



 さて、しばらく燕北の峠で返し刃の紋章を狙いでカットバニーを狩っときます。目標6個!
(この後、カットバニーは絶滅危惧種に指定されるのでありました。…というのは冗談で)
山賊を倒した結果日の丸弁当をもらってしまったのは、ちょっとリアルで泣けました。ごめんね、お昼ご飯盗っちゃって。

 …が、いい加減飽きてきたので、5個で妥協して(粘りすぎな?)、話を進めましょう。

霧の魔物(ボス、ミストシェイド)と戦ったんですが、平均レベル11…だったかな?の5人だと、4ターンくらいで勝ちました。リィナが火の魔法レベル2を使えたのはお得だった。
この後峠を抜けてキャロに出てしまえば話は終わりなんですが、そのまま天山の峠も攻めてみようかと。が、ハイランド軍が警備していて入れません。
しゃあない、キャロに行こう。



 キャロへは上から入ったんですが、下から入ったときの道の説明をするジョウイ。…どこへ行く気だ(笑)
まぁ、道はわかってるんですが、ついつい町の中一周〜とかしちゃいますね。
町中でこそこそ逃げ回っているのは、スパイ容疑がかけられているからではなく、ユイムの今までの行いのせいだとわたしは信じてます(そこは信じなくてもいい)。
 家の裏手の木を調べてムササビを連れて、家に帰って、何かないか物色。「ナナミが作った酢豚。なつかしいにおい」…ユイムには毒を放置してあるように見えたに違いない。ブルブル。
でも、小物に色々説明つけてある2はいいなぁ…(それがたとえ自分ちだけだったとしても)
 家の裏手に出ると、ナナミが墓参りをしていて…

「きゃああーー!!ゆ、幽霊!!ユイムの幽霊だわーー!!」
「違うってのよく見ろナナ…ごふぅっ!?
「このこのこの幽霊めっ!さっさと成仏なさーいっ!!」

 …というのは冗談で。

フェリドも荒っぽい出迎えですが、ナナミのは暴力入ってますよね。頭部外傷で死ねる……

 で。

 帰ってきてそうそう夜逃げです。ラウドたちがユイムやジョウイを探しているからなんですが…はいツボ持った?布団は?…持たない。
家を出たところで、ラウドに襲われます。無駄な抵抗を試みる。
結局どうあがいても勝てないんで(札とか使ったら勝てるかな…ちっ、思いつかなんだ……)、おとなしく負けてやって、牢獄へ投獄されました(頭が頭痛のノリ)。
しばらくするとジョウイもぶちこまれ、(ぇらっしゃ〜い)その後ラウドに面倒な裁判は抜きにして、いきなり処刑されることになりました。不当差別だ!人権侵害だ!…と訴えたところでどうにもならず、首に縄をかけられ、ひたすら叩かれる…死ぬまで叩かれるって、鈍器で一撃…とかでもないのに、処刑じゃなくてそりゃ拷問だよ…
 ラウドが夕日に浸っていると…部下は全滅し、そこにはクマとフリックが。
「よぉ、助けにきてやったぜ!」
いいところに来たクマ!
じゃあナナミも(うるさいので)助けとこう…と思ったら、自力脱出してました。「ええい、じいちゃん直伝奥義!花鳥風月百花繚乱竜虎万歳拳!
すごい奥義だな。超必殺ですか?(噂によると、5では出るらしいですよ?)
 しかし、ナナミはどうやって牢獄を出たんだろう。奥義ですか?だったらDSN(デンジャラス・シスター・ナナミの略)の称号を授けるということで、ユイムやジョウイを処刑場に連れていったとき鍵かけるの忘れてたんだったらハイランド軍アホだな…と。
ところで、確か1でビクトールとフリックってレベル同じだったと思うんですが、ビクトールはレベル22でフリックが27ってなんなんですか?



 キャロを脱出し、砦に戻ってきました。いやぁ、なんだか落ち着くなぁ……
うろうろついでにミリー・キニスン・シロ・リキマル・ザムザを仲間にしました。



 …話を進めるにはピリカがトトに帰ってこないとならんのですが、これが案外戻ってきません。
おーいピリカちゃーん?

 しょうがないのでうろうろしてみました。
PS版では押せば通り抜けられたマチルダの関所が、PSP版では抜けられなくなりました。
(ここだけの話ですが、そこを通りぬけてこの時点でフッチとハンフリーのイベントをこなすと、正規にここに辿りつくまでがアホみたいに楽になります。これならクライブイベントこなしつつ108星全員集合させつつマクドールさんお迎えだってできちゃうぜ!!)←確かやったことある。

 それから白鹿亭でうっかりシンダルの遺跡に迷い込んでみようかと思いましたが、まだ開きませんでした。
トトに戻りつつ、そう言えばナナミに返し刃の紋章をつけたのに、なんでユイムにはつけなかったんだろう…と一生懸命考えて、ああそうだ。右手に輝く盾が宿るからだな。ということに気がつきました(左と額はまだ宿せない)。
ナナミには火の紋章を武器につけ、これからレベルとすばやさがあがると特攻隊長になる予定です。



 さて、トトに行くとピリカが戻ってきてまして、「ジョウイおにいちゃ〜ん」とか言います。
「あちら誰よジョウイさん」「ああ、ユイムは流された後のことを知らないのか…」

知 ら ん よ ! !

 どうやらユイムが楽しい砦ライフをエンジョイしていた頃、ジョウイはピリカのおうちで養生していたようです。親友がご迷惑をおかけしまして…とピリカのご両親にご挨拶をしておいて(近所づきあいは大切ですからね)、ピリカに呼ばれたのでひそひそ話。
ピリカはさっきまでミューズに行ってたのですが、ミューズの道具屋でとってもステキな木彫りのおまもりを発見したらしいです。それをピリカ父のお誕生日プレゼントにしようと思うのだけれど、ピリカは1人でミューズまで行けないから代わりに買ってきてー。とお願いされます。

大事な70ポッチを預かりましたが、お守りは500ポッチでした。
…しゃあないな、ジョウイ、これツケね?

 トトに帰る前にコロネに寄って、さしあたってユイムとナナミの武器レベルを鍛えておきました。2って存外レベル上げても攻撃力上がらないな…5が破格なのか??



 で、トトに帰ると、街が燃えカスになってました。
えっ!?時間かけちゃいかんかったっけ…(おたおたおた)
燃え尽きた家の前でピリカが泣いていました。
「わぁぁぁん!ジョウイおにいちゃん、お父さんもお母さんも動かないの……」
い、一体何事よ…?と首を傾げるところに、アップルがやってきました。
どうでもいい話なんですが、1でアップルってめっちゃ目立たなかった(というか、どっちかつうとイヤな役どころ)のに、2ってかなり脚光を浴びてますよね(でも微妙にイヤな役どころ)
「このあたりにビクトールという男が砦を築いているって聞いたわ?知ってるの?案内してちょうだい。え?子供が泣き止まない?事は一刻を争うの。引っ張ってでも連れてきなさい」
うわー…血も涙もない言い草……(呆然)
とりあえず、ついでにハンナも仲間にしときました。



 砦に戻ると、「生きてんなら連絡くらいよこせー!!」とアップルが吼えました。
…クマは適当だもんなぁ。てか、そんな大切なことをクマに任せるフリックも悪い。(どきっぱり)
 さて、どうやらルカがこの砦を目指して進軍中らしいです。
そこで火炎槍というどえらい強い武器(1で帝国最強と呼ばれるテオパパの部隊を焼き払ったという伝説のアイテム。いつの間にかっぱらったのか聞きたいんですがビクトールさん)を使おうと思ったら手入れを怠ってた結果使い物にならないというなんとまぁ、いかにもクマらしい理由で、近くで唯一これを修理できるであろうツァイさんのところにお願いに行くことになりました。
フリックから「途中で使い込むなよ」と言われ、2000ポッチもらいます。
今はそんなんいらんけどな。割と裕福だから。



 リューベに行って、森の奥に入って、ツァイさんに会います。ツァイさんは「ルカの進軍を止めなければ」と言って快く修理を引き受けてくれます。
頑ななファレナ人ばかり相手にしてきた身としては、この潔さはある意味びっくりでした。(王子ったらまず1回は断られる…)
 再びリューベに戻ってきたら、そこではルカが住民を虐殺していました。
この人のおかげで幻水2に年齢制限がつけられてるんだよ…とよく思う。

 ブタのまねをしろ!
 ぶー…ぶー…
 ブタは死ね!

 ブタでちね!!

 …いやぁ、懐かしい(何かに触れたらしい)。

 ジョウイはルカ止めようとしましたが、冷静になろう。まず勝てない。
ユイムたちは幸いハイランド軍には気付かれませんでした。
 スキを見計らって、砦へ帰還。その後いやでも高まる緊張感……



 さあ、ハイランド軍がやってきました!!
「あの獅子の旗にかけて!!」……えっ!?あれはクマじゃないの!?
…いやまあ、まず軽く1戦。
「同盟の傭兵たちめ、今頃ネズミみたいにブルブル震えているぞ!」
そう仰るのはネギさん!!いやーーー!!何年ぶりーー!?(感激)
…そう言えば、なんで昔ソロン・ジーのことを「ネギ」って言ってたんだろう。ネギというよりむしろらっき(殴)
シードとクルガンも居ますが、とりあえず火炎槍で燃やしときます。

 適当に戦ったところで、次は砦にこもって防衛戦。
ところがどっこい背後からルカの本体がやってきます。
アップルもがくがく。「あの大部隊が森を抜けてくるなんて…!」
そりゃあルカさんが無茶やらせたんですよ。ルカさんですから。
とりあえず砦はもうだめだ!ということになって、ばらばらになって逃げます。
ジョウイが「ピリカがいないーー!?」と叫びます(あんた母親か)。
しょうがないので探しに行きますと、今にもルカに殺されそうになってます。
ジョウイとユイム2人がかりでルカを押さえますが、ルカにはちっとも通用しません。
ひえええええ!!
と。絶妙のタイミングでフリックとビクトールが助けに来てくれました。
また助けてもらっちゃったよv
「生き延びたらミューズに来い!」と言われ、とりあえず脱走〜〜



 結局、ユイム・ジョウイ・ナナミ・リキマル・キニスン・ゲンゲンというメンバーでミューズまで行くことになりました。



途中、トトの村で祠に入り、レックナートさまに会いました。
レックナートさま、お姉さまもいなくなったことですし?そろそろ地下活動本格化ですよね?
そして回想シーンを見るのですが、横から見ていた妹が「か?」と読みました。正解は「ちから」です。読み間違えません?
ちなみに初プレイ時、2主の名前が「ハルカ」だったので、ジョウイが2主に呼びかけてるんだと思いました。
でまあ、回想シーンを終えて祠をずんどこ進み、輝く盾の紋章をゲットしました。




今回の石版仲間:ミリー・キニスン・シロ・リキマル・ザムザ・ハンナ・ツァイ





さくっと進みましょう。→