幻水1プレイ記録 その7



 側面記録ブログでつけていた記録です。
シャサラザード攻防戦〜エンディングまでです。

 記録内部では別のシリーズで明かされたこととか、同時進行でやってた5のこととかも一緒に書いてます。
「全てを奪還する」と書いてあったら5(の予想)のことで、「150年前」は4のことです。






 で、城に帰ってマッシュと話をすると、もうすっかりソニアを攻める気です。えー、まだ誰か足りないのにーー!!
嫌だ、ってやってもマッシュは聞いてくれなかったので、しょうがないので話を進めます。
ソニアと戦争して勝って、シャサラザードに突撃かける前に引き返してモラビア城へ。ヴァンサンを回収してきました。



 シャサラザードではシェルビーナスとソニアとボス戦が2回あるので、軽く戦ってお金をためて武器を鍛えておきます。
シェルビーナスは真珠を投げてきます。ああもったいない。2だったら真珠が手に入って交易品d(殴)
全体魔法がやっぱり痛い。ええい、なんでこんなに魔法に弱いのじゃ……
……あれか!土と水の紋章を使わないのが間違っているのか!(間違っている)
 とは言うものの、土も水も宿した人いないので、特効薬でごまかしつつ(落涙)辛勝。ビクトールが「水門閉めてくるー」と行って門にのぼり(こういうところのキャラの動きは細かいよな幻水1)、丸い物体を押しました!
えっ、押すの!?回すのではなく!!?(こういうところ、大雑把すぎだと思う幻水1)
とりあえず脱出〜…と、我々が出てないのに火の手が上がります。
えええ!?焼け死んじゃうよ!!とりあえず行こう行こう…と言ってると、ソニアさん登場。坊ちゃんに詰め寄ります。
「お前は父親まで殺しておいて火までつけて!!それがお前のやりたいことか!!」
うーん、帝国が最終的に勝利したら前科何犯なんだろうな、坊ちゃん。それこそソニエール行きってか処刑ものだ。
ではなく、怒りに任せて切りかかるソニア。変な全体魔法が強っ!!
回復のタイミングを誤って3人死んだ……
だから、水の紋章を使わないのが間違っていると……

 そういえば、水の紋章つけてラスボスに挑んだ記憶がほとんどない。
3の真なる水もなー…使った記憶がほとんどない。(なんせヒューゴが持ってたからね、シャンプーハット)

 ほんとにぎりぎり勝利し(クレオの通常攻撃であっさり勝ったのがなんか腑に落ちない)、ソニア救助して(いや、この際拉致だよね)シャサラザード砦脱出。



と、シュラバに遭遇。
…なんか、サンチェスがマッシュを刺した挙句シャサラザードに火を放ったっぽい……
そう、サンチェスは帝国軍のスパイだったのです。ええーー!すっぱい!(それ2回目)
フリックは怒りのあまりサンチェスを切ろうとしますが、マッシュが「今は解放軍にとって大事な時だから黙ってろ」と言います。
とにかく、城に帰る。

城に帰ってやることはただ1つ、地下牢に閉じ込められているソニアを勧誘。
行こうとしたら、クレオとソニアが話をしています。
「あなたはもしかしたらキリサさまの母君になられていたかもしれないお方…」
「それ以上言うな!」
なんだよ、この2人の関係みんな知ってんのかよー!!隠そうよ!!
なんでもいいからとりあえず仲間になって。と勧誘。勧誘成功です。



これで、グレッグミンスターへの道が開かれました。打倒皇帝!よっしゃ行くぞー!と盛り上がってみたら、レックナートさまが出てきて、驚愕の事実をさらしてくれました。
そうか、ウィンディは復讐のためにねぇ…って、でも帝国関係ないじゃん?
それを言っちゃだめなのか??
と、ビクトールが「グレミオがいない」と言い出します。
はっはー、今更だなー(おい!)
するとレックナートさまのおかげでグレミオ復活です。

さて、最後の戦争にもさくっと勝利して、(ユーバーもよくわからんポジションだよなー…)
あとは皇帝を倒すだけ…



ちょっと待った!!



 1のキャラで2でも戦う人たちに関してはレベルを上げておいて、武器レベルも最高まで上げておかねばなりません。
なので、グレッグミンスター城でうろうろうろうろうろ…
とりあえず1メンバーで2にも続投する人たちをレベル60まで鍛え、武器も最高の状態にしておき、装備も充実(装備は引継ぎないけど)。
覚えている範囲だと、ハンフリーとタイ・ホーとカスミとバレリアとローレライとスタリオンとヒックスとテンガアールとルックとフッチとシーナとメグとペシュメルガと…最終戦で外せない坊ちゃん・フリック・ビクトールは65になってました。わぁ、こんなにレベル上げたの初めてだよー。

いいかんじに大体目標達成したので、そろそろ最終決戦いきますか!
直前まで坊ちゃん・スタリオン・クレオ・フリック・ビクトール・あと誰か(イベントで強制的に入る人)ってかんじで使っていたのですが、烈火の紋章が見つからなかったのとスタリオンに攻撃の決め手みたいなものがないのを考慮して、メンバー変更です。旋風の紋章を宿したルックと流水の紋章を宿したテンガアール。で、あと1人が思いつかなかったので妹に「誰がいい?」と聞いてみたら「フッチ」と返ってきたので、フッチにしてみました。
でもフッチもポジション的にはスタリオンと似たり寄ったり…(笑)



 さて、坊ちゃんたちは皇帝バルバロッサの待つ屋上庭園へやってきました。
黄昏はまさにこの赤月帝国そのもの。皇帝は「ついにここだけがわしの領地になってしまった…だがわしはここを守ってみせる!」
しょうもない意地ですね(あっ、言っちゃった!)。
皇帝は竜王剣(なんか、覇王の紋章がくっついてるんですっけね)の力でキング@ドラに変身します。さあ最終戦だ!(けど曲、普通のボス戦な気がするのはわたしだけかい?)
ちなみに、ここで真ん中の頭から攻撃するのはブーです。左の頭が回復しますからね。それを忘れていて、坊ちゃんの裁きを使いきった後回復されたのでリセットしました。
というか、それ以上にガードローブが固定装備のルックさんが攻撃1回くらったら死ぬんですけど!!
レベル60なのにHPは300台のルックさんが!!
割と使えないんですけど!!
それもありますが、流水の紋章の「やさしさの水」と「やさしさの流れ」がどう違うのかわかりません。母なる海は多分戦闘不能回復機能がついてるんだと思うんですけど。



まあ色々ツッコむところ満載なラスボス戦も終わり、将軍たちがかけつけます。
「陛下!元に戻ってください!!」的な会話をしていると…
出た!諸悪の根源ウィンディ!!
ウィンディは余裕ぶっこいた態度で「あら、負けちゃったのバルバロッサ」とか言ってますが、いきなり目の色を変えてソウルイーターを奪おうとします。
最終的には拒まれますけどね。
ソウルイーターは美少年のが好きやねん(ほんまか)。
ヒステリーを起こすウィンディ。「ソウルイーター、世界で最も呪われた紋章、あたしと一緒にこの世界に復讐するのよ!」とか言ってると、背後からバルバロッサがそっと抱きしめ(やや脚色アリ)、ウィンディをたしなめます。
きゃーーーーー!!!はずかティー!!
そして2人で愛の逃避行という名の投身自殺……きゃあ心中よ心中!(おちつけ)
2人が愛の逃避行をした直後、城が崩れ始めます。
…なにか!2人の愛は城をも崩すってか!シャレならん!!!
とりあえず逃げろ逃げろー…と逃げていると途中で帝国兵が追ってきます。
そこではぐれるフリックとビクトール。



城を出たところで操作不能に陥ります。
エンディングでは108星のその後とか語ってくれます。
坊ちゃんはグレミオを伴ってトラン大統領の座を断って出奔してしまいます……
でもわたし知ってるの。
3年後、デュナンの地で会えるって。


というわけで、幻水1クリアです!!おめでとーーう!




今回入った石版仲間:ヴァンサン ソニア・シューレン






つかれました。帰ります。