幻水1プレイ記録 その6



 側面記録ブログでつけていた記録です。
竜洞来訪〜モラビア城陥落までです。

 記録内部では別のシリーズで明かされたこととか、同時進行でやってた5のこととかも一緒に書いてます。
「全てを奪還する」と書いてあったら5(の予想)のことで、「150年前」は4のことです。






 シェリランデ城に戻り、「しまったーー!!ビクトールが音セット持ったままじゃーー!!」と絶叫したあと、マッシュに報告。
兵を使うことなくロリマー地方(戦士の村周辺ね)を解放できたのは大きい。とお褒めの言葉を頂き、次は竜洞騎士団の協力を仰ごうということになりました。
ここでハンフリーが入りますが…よ、弱っ!!装備が弱っ!!!
(しかし武器をこなくそー!と鍛えた後なのですってんてん)
お金は計画的に使いましょうね。



 テレポートでアンテイに行き、そこからダッシュで竜洞への道へ向かいます。
入り口は竜騎士が居て、「皇帝陛下でもお通しするなと言われております」の一点張り。しゃあない、とアンテイまで戻ると、ヴァンサンが食い逃げしようとしていました。
つくづくこのゲームって食い逃げ犯が多いよなー…えぇ?
ヴァンサンは竜洞へ行ってヨシュアに会わねば…と意味不明なことをほざきつつ行ってしまいます。結局同郷のよしみでメシ代200ポッチを払い(金欠坊ちゃん)、ヴァンサンの後を追いかけます。
 竜騎士は職務に忠実なので、バラをしょった男(文字通りな)も通しません。なんかだんだん、ヴァンサンが適当なうそを言っているようにしか思えなくなってきました。…ユーラム感(全てを奪還しに行ってください)がちょっと漂う。
ヴァンサンが抜け道を教えてくれたので、そこを通って洞窟に行くと…なんてこった、竜がみんな苦しそう。
フリックは「竜はこんなにねぼすけなのか?」とか言ってましたけど…え?寝てんの?

 騎士団の本拠地(てことにしとこ)でクロイツを仲間にしました。クロイツはゲイル派の名将だったのですが、彼曰く、「ゲオルグさまにしか忠誠を誓わないが、ゲオルグさまを(以下略)」
…ゲオルグはバルバロッサ派の将軍じゃん?てか今頃全てを奪還してる頃だよ?(し終わったかな?)

 気を取り直して、騎士団長ヨシュアに会いましょう。
ヨシュアは竜がずっと眠ったままになってる、ちゅうことで、これを治せるのはリュウカンしかいないだろう。でもリュウカンがどこにいるかわからなくて途方に暮れてる…と話してくれます。
…リュウカンならうちにいますよ?



 とりあえず本拠地に戻ってきて、リュウカンと話す。
「わしの薬でも、死んでいくものは助けられんから(以下略)」
……あれ?ついてこない?……えっ!!おじいちゃん戦闘メンバー!!?大丈夫っすか!!
余談ですがオニールに話しかけたら、「あたしもリュウカンさんに若返りの薬でも作ってもらおうかねぇ」と言われました。衝撃的だ。

さーて、リュウカンをパーティに入れて竜洞へ戻ります。
薬を作るためには、「月下草・黒竜らん・今はナイショの材料」が必要らしいです。月下草はシークの谷にあるというので、ミリアと一緒に行くことに。
……ってさ。
鍛えきれてないハンフリーと装備最悪のミリアが一緒……!?
お金ないのに!!しかも確かボス戦があったはず!!

ま、いいやいいや。なんとかなるなる!(適当だなー……)

 谷にメースがおりました。「弟子たちを連れてきたら仲間になってやる」と言われましたが、6人中4人が固定されているので、今は無理です。
とりあえずスルー。
やっぱりボス戦ありました。「なんだこりゃあ!?」と叫ぶフリック。いやだからボス…
最近気づきました。坊ちゃんは直防はあまり高くないんですが、魔防はかなり高いです。いやそりゃあね、以前2では魔力強化の紋章宿してたもんね(それはさておき)。
 クリスタルコアなるボスは、ダメージを与えて当たり玉(赤い玉が1個…)になった後がしんどいね。それまでは1人の直接ダメージだけど、当たり玉になったら全体魔法だもんね。(ちなみに、水の紋章装備している人が1人としていないという事実…)
ちょっとヤバいかなー?というところで勝利、先へ進むと月下草発見。
これがそうね(なんでそこだけ女の子言葉ですかミリアさん)、と取ろうとした瞬間、ウィンディが生えてきました。ギャー!!
 フリックが色々言っていると、「わたしはキリサと話しているの。静かにしてちょうだい」とのたまうウィンディ。1のフリックって扱いひどいよねー。
ちなみに、もう少しエレガントな方法でソウルイーターを奪うことにしたらしいウィンディさん。テッドを出してきました。
エレガントつぅか卑怯だよ…(愕然)。
ここでテッドが「キリサ、紋章を返しておくれよ」と言います。でも渡せないのです。するとテッドが「俺はもうウィンディに操られてる…だけど、これからすることを許してほしい」とソウルイーターを介してメッセージをくれます。
「さあ、ソウルイーターを奪うのよ」とウィンディ。
「…そんな自由にならない生を得るくらいなら、死んだ方がましだ!」とテッド。そして驚愕の事実を明かし、さらーにテッドがソウルイーターの餌食になってしまいます。
テッドぉぉぉぉぉ!!!!(がっくり)そして宝箱を開けたジングルが鳴る脱力感……
結局ウィンディはとんずらこきます。が、テッドは消えてしまいます。
あああ、テッド……君の死は無駄にはしないよ……(でも、グレミオに比べるとけっこうあっさり。あっさり帝王はミリアだと思われ)



さて、無事任務を終えて竜洞に帰ると、なんとフッチがグレッグミンスターまで黒竜らんを取りに行ってしまったそうな。
…そして、フッチを動かせるようになります(笑)。
適当に皇帝のお庭(割とメルヘンだね。ミルイヒの影響ですか?)をうろついていると、皇帝出てきました。
皇帝は戸惑うフッチに対して「わしがやさしいきもちであるうちに失せろ」と言います。
やさしい気持ち……プフー!!
フッチはそれでもしっかり黒竜らんを取り、逃げようとしたところにウィンディ帰還。あれ絶対ソウルイーター奪えなかった八つ当たりだよね。
……というところでブラックだけにブラックアウト。



目を覚ますと、わたしはフッチではなく坊ちゃんでした(笑)。
いつの間にか薬が出来上がったのです。わーい、と喜んでいたのもつかの間、今はナイショの必要な材料とは、竜の肝だったのです。肝ってどこ?心臓だっけ?それとも肝臓?
ということで、ようやく竜洞騎士団の協力を得られましてばんばんざい。

…実はスカーレティシア方面から竜洞へ抜ける穴の入り口ですが、解決しても通せんぼされてました。
あれー?
ところで、不思議なことにスタリオンがすりぬけの札を使っても減ってない気がする。



さて、シェリランデ城に帰ると、カスミとクリンがうだうだやってました。
なんか、解放軍の中スパイがいるとかいないとか。すっぱいですねー
 まぁ、それよりメースが「弟子を連れてきたら仲間になってやる」と言っていたので、きっともう城レベル的には4になってるっぽいぞ?と思いまして、マミムモースを連れてシークの谷へ。メース回収完了!
次はリコンにクライブを回収に。確か8分の1の確率の登場だったはずなのに、一発回収!(ドルパではくじ運あかんな。と思ったらほんまにあかんかった…)
カレッカでレオン回収!
過去の洞窟でクロウリーを回収!
…しかし、なんかまだけっこう空きが……せいぜいソニアとカシムくらいじゃなかったっけ??……あ、ペシュメルガだ!
ちうことで、ネクロードの城でペシュメルガ回収!
しかしー、まだやっぱり空きが……ま、ソニアが最後まで入らないはずなので、逆にソニアと関わるまではまだイケる。ということで、「ウォーレンとビクトールがとらわれた」というタガートの話を聞いてモラビア城方面に出向きます。



マッシュの話だと「大規模な軍事演習をやる」ということだったのでそう思っていたら、そのまま北方を落とすことになりました。
いや、軍事演習ってアレ?帝国公認?(情報漏えい中なんですって)
忍者の力を借りてさくっと勝利し、関所を守るグリフィスと話をします。
グリフィスにマッシュが捕まって、そこを坊ちゃんたちも潜入してビクトールたちを助ける。という寸法らしいです。
いや、それよか宝箱……



 モラビア城は宝箱少ない気がした。てか、いいものが入ってない気がした。
最上階に牢獄を設ける城ってのも珍しいやな。はははー。と思いつつ、ビクトールとウォーレンを救出……なんでヴァンサンまで入っとんの??
で、ここで強制移動となって(あっ、宝箱…)カシムと話をしてカシムが仲間になります。
帰りに関所を通って宝箱を回収しようとしたら、マクシミリアンとサンチョがきました。ああ、この人らすっかり忘れてた!



今回入った石版仲間:クロイツ フウマ ヨシュア ミリア フッチ メース クライブ レオン・シルバーバーグ クロウリー ペシュメルガ ウォーレン カシム・ハジル タガート マクシミリアン サンチョ 




さくっと進みましょう→