幻水1プレイ記録 その5



 側面記録ブログでつけていた記録です。
戦士の村来訪〜ロリマー地方解放までです。

 記録内部では別のシリーズで明かされたこととか、同時進行でやってた5のこととかも一緒に書いてます。
「全てを奪還する」と書いてあったら5(の予想)のことで、「150年前」は4のことです。






 テオが解放軍に倒されたことで解放軍と帝国の力加減が一気に不安定になりました。
ので、比較的帝国軍がいそうにないロリマー地方(戦士の村あたり)をこちら側に引き込もうとそういうことになりました。
関所へ行ったら誰もいません。あれー?
出て入ったらキルケが居たので仲間に。

戦士の村に行くとヒックスとテンガアールが言い合いをしております。
テンガアール父のゾラック(この人メガネかけてたんだね。知らなかったよ…)が出てきて「外に出たらネクロードにさらわれる!」といいまして…それにビクトールが反応しましたよ。

 戦士の村にはマルコが居ます。ロックランドから逃げてきたんでしょうかね。だとしたらすごい逃げっぷりだ。スタリオン真っ青。
…それはさておき。
マルコに5000ポッチ以上勝たないと仲間になってもらえませんが、
100ポッチコース…遅すぎてやってられない。
1000ポッチコース…目がついていかないので当たらない。
10000ポッチコース…そもそもお金が足りない。
ので、ちまちまと100ポッチで稼ぐ→あまりにも地味すぎてイライラしてくる→1000ポッチに挑戦する→負ける。

だーーーー!!やってられるかーーーーーー!!
(ガシャーン!!)

 噂によるとPS時代のマルコは実はコインを隠すパターンが同じなので、いい金づるだったらしいんですが、そういうところは改善されたようで…(うれしいようなうれしくないような…)
……そこで神足考えた。
10000ポッチ一発勝負に出よう。
少し外の敵と戦ってお金を稼いで、戦士の村の宿屋でセーブ。マルコに10000ポッチコースで挑む。
…ここでカップの行方を追いかけません。「どーれだ!」と言われた後、右端を選びます。
確率は3分の1、当たらなければリセット。これなら気長にいけそうだ…と思っていたのですが、2回目でヒット!はっはっは、なんとかなったよ。



 一旦シェリランデ城に戻ってマース・ミース・モースをパーティに入れてムースを勧誘。おいしそうな名前だと思う。
これでまだ誰も仲間になりそうにないなぁ…と思ったのですが、ふとエイケイとクインシーがまだ仲間になってないよなぁ…と思い返し、まずはテイエンへ。エイケイに「あと2レベルくらいだな」と言われました。ちっ…
次に関所に行くと、クインシーに「あと2人くらいだな」と言われました。
すごい偶然だ!!
…ところが今現在仲間になりそうな人は……思いつきません。
ので、クロン寺へ足を伸ばしてモーガンとゼンを仲間にしました。
 余談ですが、モーガンはファレナ女王国で剣闘奴隷だったようなのですが、めちゃめちゃ強かったのでハンデとして目をつぶされた挙句、船に乗せられてドナドナ、赤月帝国にやってきたのでありますよ。君のセンパイはファレナで全てを奪回する手伝いをされると思います。
これでクインシーが仲間になりますね。

 エイケイが坊ちゃんのレベル40で、ルビィがキルキスのレベル41で仲間に加わる…ということで、とりあえずキルキスのレベルが41になるまで…と一昨日だったかな?がんばったものの、あまりの眠さにキルキスがレベル41になった途端に戦士の村でセーブしてしまったのです。
確か寝ぼけて連続2回宿に泊まった気がする(もったいない!)…

キルキスがレベル41であるのを確認して、本拠地(シェリランデ城)→やけたエルフの村へテレポート→徒歩でコボルト村へ→ルビィを回収して本拠地へ戻る→テイエンなのに間違ってリコンへテレポート→徒歩でテイエンへ→エイケイを回収して本拠地へ戻る→戦士の村へテレポート。



 さて、話を進めましょう。



 最近この地方に赴任してきたネクロードなる将軍(いつの間にそういうことになっとったんだ)は、吸血鬼でゾンビを手下に使っているらしい。
だから関所がもぬけの殻で墓があらされていたのね。
んで、ゾラック(戦士の村の村長さんでテンガアールの父)の長話を聞いたら夜になったのでおやすみなさい。
夜、ヒックスがクレオに「なんで戦うの?」と聞いていました。
クレオは「女にも男同様、守りたいものがあるからだよ」と言ってました。
…そういえば、クレオはなんで戦うんだろう。坊ちゃんを守るためなんだろか……
ビクトールもなんか思わせぶりなこと言いますしねー…
でもまあ、とりあえず寝る坊ちゃん…(笑)

 翌朝、なんとネクロードがテンガアールを花嫁にするために戦士の村へやってきました。
ネクロードは月の紋章(この時点ではここまできっぱり明かされませんが、2でそういうことになってます)を宿した由緒正しき吸血鬼(どんなやねん)なので、こちらの攻撃は一切効きません。
ヒックスがテンガアールを守ろうとするのですが、テンガアールは「気持ちはうれしいけど、死んじゃったら意味ないんだよ」といったことを言って自らネクロードに囚われる道を選びます。
ネクロードを倒すには、何か特別な武器がないといかんようです。
噂によると、戦士の村の近くのクロン寺に何かレアな武器があるようです。
ということで、坊ちゃんたちはクロン寺へ行くことにしました。



クロン寺でさくっとフッケンと話をして仲間になってもらい、(フッケンは準レックナートみたいなことを言いましたよ。すげー…)過去の洞窟の入り口を開けてもらいました。
なんかよくわかりませんが、坊ちゃんはここでの試練を乗り越えなくてはならないらしい。
ここの敵は全体的にHPが少ないですね。クレイドールって確かルックが最初に召喚したやつじゃない?
ここにクロウリーが居るのですが、PS版でやたらめったら探したなー…という記憶があって、ちゃんと探して行こう…と思って気をつけて進んでいったところ、割とあっさり見つかりました。むしろ、隠れてませんよ。
 最奥には、しゃべる剣が居ました。
しゃべる剣は坊ちゃんたちをどこかにワープさせてしまいました。



 ……たどり着いた先には、小さいテッドが居ました。
屈託のない笑顔(脚色アリ)で坊ちゃんを見上げるテッド……どうやらこれは、テッドの過去の話のようです。
この時代からウィンディはソウルイーターを狙っていて、テッドのおじいさん(じいさんとテッドって血縁関係があるんですかね?)に渡せと迫ります。でもじいさんは言うことを聞かなかったので、ユーバーという将軍(ぽっと出でけっこうびっくり)が村に火をつけます。
そこでテッドはじいさんからソウルイーターを託されます。
逃げろと言われても宝箱を優先させるわたし
戻る方法を探せと言われようが宝箱を優先させるわたし……
もちろんテッドはこれから過酷な運命を背負うことになりますが、何もできないもどかしさ。テッドと別れて、光の中へ…



 なんかよくわかりませんが、戻ってこれました。
そしてなんかよくわかりませんが、ビクトールの剣が星辰剣になりました。
しゃべりますよあーキモい。(ひどい)
ユーゴを仲間にして戦士の村に戻ると、結婚式の招待状が届いておりました。
ネクロードとテンガアールの式だとか。ジャマしに行ってやろうとしたら、ヒックスが仲間入りです。
キルキスをはずしてヒックスを加えました。装備が悪いなあ…

 前日、電車の中で城の地下にいるゾンビさんに10000ポッチはらってアドバイスをもらったもののうろ覚えです。脳を鍛えるべきでしょうか。
確か、「右?左?から2番目を見るな。その次は右?左から3番目を見るな」とか言ってたっけ?……あかん。
でもお金がないのでなんとかなるじゃろ。とそのまま進む。
途中で道が途切れ、絵が4枚あります。左からネクロードの絵(キモ!)・昼下がりの婦人とかいう絵・森の絵・農作業をする少女の絵…
これはもしや、
ネクロード→夜 婦人→午後 森→朝 少女→午前
という意味なのかなー…と思って、森→少女の順で調べると…宝をゲット?いやよくわかんない。
……しかし、そこから先がわからんのよ。先へ進む道はどこよ?的に。
しょうがないので、ゾンビさんにご指示いただくことにしよう。
戻って…あー、お金払うのもったいないなー。25000ポッチなんて……ああそうだ、聞く前にセーブして、聞いたらリセットすればいいんだー♪(ゾンビ、あがったりだよ…)
ということでセーブしてゾンビさんと話。まずは100ポッチから。
「森の中でも夜だけでなく、仕事の間も我らが王をたたえよ。とネクロードさまはいつも言うんだな」
……わかっちゃったよ。
これ以上の情報はいいや、ってことで、森→婦人→少女→ネクロードと鑑賞。その後はそれらしいトラップもなく(宝箱の中身もおくすりだ毒消しだ、ナメてんのかといささか…)、ネクロードが景気よくパイプオルガンをかき鳴らして(これ弦楽器の表現方法では?)いるところをわらわらと入ります。
住居侵入罪なんてとうの昔に経験済みさ!
ネクロードがパイプオルガンを鳴らしてたり、振り返るシーンなんぞは芸が細かい…と思うんですが、ウェディングドレス着たテンガアールがぽつんと立っているのは逆に涙を誘いました。
 とりあえず色々前口上を述べてネクロード戦です。
ネクロードは最初にビクトールで攻撃をあてるまでダメージを与えられない。というのを忘れて、火レベル4と雷レベル3を無駄撃ちしました。もったいないーーーーーー!!!!
…ところで、一番攻撃をかわされてたの……ビクトールさん、でしたよね?
ヒックスが戦闘不能になったものの、勝利。テンガアール奪還成功!
けっこうダメージも深いし、実のところすりぬけの札が余ってるんで帰りは札で…と思ったら、「札が反応しない」
なぬ!!!
徒歩でトホホと帰りましたとも。

 城を出ると、ゾラックたちが首を長くして待っておりました。
やれやれ、ひと段落じゃー…と思っていると、ビクトールが坊ちゃんのことを「キリサさま」とか言う。…なにそんな改まってんねん?
どうやらビクトールはネクロードに故郷の村を滅ぼされたわけで、その報告のためしばらく解放軍を離れるそうです。
ぬー…ま、しゃあない。はよ帰ってこいよ。と言ったものの、主力メンバーが抜けるのはけっこう痛いんですが。
代わりにテンガアールがついてきてくれることになりました。…手鏡で帰っちゃうと意味ないんで、軽く一回戦闘。



今回入った石版仲間:キルケ マルコ ムース モーガン ゼン クインシー エイケイ ルビィ フッケン ユーゴ ウィンドウ ヒックス テンガアール




さくっと進みましょう→